二次会で喜ばれる景品

予算内で用意するポイント

二次会の景品を用意する時には、予算オーバーというのが気になることがあるものです。
とはいえ、予算内に抑えようとすると、おかしな二次会景品をそろえてしまうかもしれません。二次会の高価な景品として宿泊券は如何でしょう

そうなると、せっかくの楽しい二次会が盛り上がらなくなってしまいますから、
十分注意しておきたいところです。
限られた予算の中で、うまく二次会の景品を用意するためには
景品の内容にメリハリをつけることが大切です。

例えば、平凡な物ばかりでそろえた場合には、全体が地味な感じに
なってしまいますから、盛り上がり方はいまいちになってしまうものです。

ですから、きちんと豪華な物を入れておくことが大切です。
そして、ここからが重要なのですが、1点はとても豪華で、他の景品は
かなり魅力のない粗末な物にならないようにすることが重要です。

芸術的

これだと差がありすぎてしまいますから、目玉の景品以外が当たった人は
微妙な気持ちになってしまうものです。この点に気をつけて、豪華な物を用意しつつ、
それなりのレベルの物を用意することが大切です。

探してみると、安価ながら実際の金額よりも高く見えるアイテムというのはあるものです。
ちなみに、目玉のアイテムの費用を若干抑え気味にすれば、その他の景品を
高くすることができますから、そういったビンゴやじゃんけんゲーム等で貰える景品微調整を行うことも
意識しておきたいところです。

なお、ネット通販で取り扱っている二次会の景品セットをチェックしてみるのも手です。
色々なセットがあり、金額はピンからキリまでありますから、都合を合わせやすいものです。

 

ドタキャン・機材の故障…二次会でよく起こりがちなトラブル

二次会ではいろいろなトラブルが想定されますが、そのなかでもありがちなのはドタキャンです。
参加の意思を表明していても、当日になって来ない人が出るのはめずらしくありません。

いろいろな事情があるので、参加できなくなっても仕方のない面もありますが、軽い気持ちでドタキャンする人もいるので注意が必要です。
なぜ注意が必要かといえば、当初の予定よりも二次会の参加者が少なくなると、会費の回収が予定通りにいかなくなるからです。

会場となる飲食店などへの支払いは、予定より参加者が少なくなったとしても変わりません。
不足した会費は幹事が負担しなければいけない場合もあるので、しっかりと集まってもらえるように連絡を重ねるようにしましょう。

会費を事前に集めておくのもひとつの方法です。
二次会で発生しやすいもう一つのトラブルは、機材の故障です。マイクとスピーカーや、映像を映すためのスクリーンは定番の設備です。
ほとんどの場合は正常に機能して問題なく進行するのが一般的ですが、低い確率で不具合が発生します。

このようなときは、会場の管理者に連絡して対処してもらうのが基本です。
幹事は早めに動作をチェックしておくと急なトラブルを避けられます。機材トラブルで注意しておきたいのは、持ち込んだノートパソコンなどの不調です。

フリーズにより動画を流せないなどの事態が起きるかもしれないので、可能であれば2台用意しておくとスムーズな対応ができます。

 

あなたにぴったりの住みたい場所の見つけ方 ページホーム

どんな景品が二次会で必要か